ご挨拶

あなたの肉体を「野生化」しよう!

IMG-81
もう10年以上前の話です。
私は医師になってすぐのころから約10年間、実際に細胞免疫療法に携わっていました。

患者さんから採血をさせていただき、単核球を分離する。
単核球から樹状細胞を誘導し、抗原提示に必要な分子の表出を確認し、腫瘍抗原と結合させ、最終調整をし、患者さんに注射する。
摘出した腫瘍を細切し、腫瘍浸潤リンパ球を分離し、サイトカイン刺激で数を増やし、患者さんに点滴する。
 患者さんの状態を詳細に観察し記録する。
 基礎データを基に、臨床試験を行うために審査機関に提出する書類を整備する。

 これらの手順は、新しい知見を取り入れながら洗練されていってはいるものの、基本的な原理は今でも同じです。
 免疫療法は、「人の治癒力を信じる」医師や研究者が、地道に進化させ続けている治療法なのです。

 私が実際に携わった中で、わかったことがあります。
 この治療法が、効果を出すためには、必要条件があります。
そして今では、癌に限らず、免疫細胞療法に限らず、すべての患者さんに言えることだと考えています。
「治る条件」と言って、よいと思います。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1 患者さんに、体力があること。
2 患者さんが、「頭でっかち」でないこと。
3 患者さんが、頼れる人(家族、医者)を持っていること。
4 患者さんに、余力があること。

この辺りは、言葉やデータで説明するのは簡単ではありません。血液検査のリンパ球数やアルブミン値、コリンエステラーゼ値などを取り出して論じても、本質には近くありません。年齢や体格で測れるものではもちろんありません。

イメージは、「のびのびして、人に甘えるのが上手な人」です。
おなかがすいたら食べる。仕事をしたくなったら何時間でもする。疲れたら眠る。
「動物的」「子供のような」ともいえるかもしれません。

きのくに漢方クリニックでは、治療方針を「病気が治る人に進化していただく=身体を野生化する」ことに置いています。
それがなされないままでは、どんな治療法を体外から加えても、「反応が悪い」のです。

上記の4条件を満たす方向にあなたを導くのが、私の役割です。
免疫療法を実際に行うのは、これがうまくいってからです。
そうしないと、何百万円もかけて行う治療が、思ったほどの効果を上げられないからです。

逆に、「身体野生化」がうまく進めば、免疫療法が「無駄にならない」可能性が高まります。
高額医療ですので、「成功率を高めるための事前準備」が、決定的に重要です。

この文章をお読みのあなたは、
すぐに行動を起こしてください。
癌がほかの病気と違うところは、
「身体野生化に、時間をかけ過ぎては、間に合わない」ことです。

あなたを、治して差し上げたい。
結果的に治らなくても、「病気になって、良かった!いい時間を過ごせてます」と言っていただきたい。
そして、いつか、「ああ、いい人生だった。みんな、ありがとう!」といって、旅立っていただきたい。

私の脳には、この思いしかありません。
私は、この目的のために、あらゆる行動をとります。
あなたは、プレイヤー。私は、コーチ。
ともに、うまくやりましょう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「病気は脳が作っていた」田中 一 著 現代書林 2015年
受診前に、繰り返しお読みください。

きのくに漢方クリニック 院長 田中 一

 

【院長】田中 一 (たなか はじめ)

IMG-75

経歴

昭和45年1月
和歌山県生まれ
平成6年3月
和歌山県立医科大学卒業
平成6年4月
同大学消化器外科(現 第2外科)入局
~平成8年3月
同科のほか、国立大阪南病院外科、和歌山医大病院麻酔科で臨床研修
平成8年4月
和歌山医大大学院入学。臨床業務と癌免疫研究を並行し進める。
平成11年8月
米国Vanderbilt大学医学部 研究員(癌免疫学専攻)
平成13年8月
和歌山医大第二外科
平成15年4月
国立南和歌山病院(現 南和歌山医療センター)外科
平成16年4月
赤目養生所 所長
平成19年12月
きのくに漢方クリニック 開設
平成20年~
和歌山YMCA国際福祉専門学校 介護福祉科 非常勤講師
平成22年~
ケール健人の会 顧問
平成22年~
e-クリニック スタッフ医師
平成23年4月~
ゲートタワーIGTクリニック 非常勤医師
平成23年6月~
伊賀有機農業推進協議会 顧問
平成26年2月
~平成27年10月
JA和歌山 産業医 

資格

  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医

主な所属学会

  • 日本東洋医学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本外科学会
  • 日本統合医療学会
  • 日本臨床倫理学会
  • ホリスティック医学協会

クリニックからのお知らせ

2016.08.23 10月休診のお知らせ
平成28年10月17日(月)18日(火)は休診となります。
2016.08.03 お盆休みのお知らせ
平成28年8月8日(月)~8月13日(月)、8月25日(木)~8月27日(土)まで夏季休暇となります。
2016.08.01 平成28年8月1日より奈良県大和郡山市の豊原クリニックとがん免疫治療において医療提携を開始しました。
2016.06.20 平成28年6月20日より高知県高知市のうしおえ太陽クリニックとがん免疫治療において医療提携を開始しました。
2016.06.09 免疫治療開始のお知らせ
平成28年6月9日(木)から免疫治療を開始します。